協力 Movie : Kenji Kudoh (ALUA DESIGN WORKS)/Sound : Taisuke Nakashima (freiheitlichraum.net)

ご挨拶 greeting

プラーナを描く

ブルーフィールド内視現象という説があります。
網膜の前にある毛細血管の中を走る白血球が青い空を背景にすると見えるというものです。
白血球は小さな明るい光点に見え、それがプラーナと呼ばれるものです。

絵は頭を空っぽにしてくれると言いますが、左脳を休ませてくれます。
左脳的な言葉や観念から自由にしてくれます。
そして内視現象を見えないものと処理している観念から解放される時、プラーナが見え、
その総体として立ち昇るようなラインが見える世界が現れます。

プラーナを絵に描くことは、それが見える場所を描くことです。
そして、その場所を、絵を見る人と共有することです。
「自在の世界」と呼べるような、言葉にならない、静謐で平安と優しさに満ちた場所を
共有することです。

藤田新-Shin Fujita

オフィシャル・ブログ

藤田喬平ガラス美術館

陶芸の店もと子